千葉県議会議員 斉藤守『幸せ創りのお手伝い』出会いを大切に、ひとつひとつ積み重ねる政治活動を行ってまいります。

斉藤守メイン

ホーム
プロフィール
政策
応援します
ふれあい動画
最近の活動から
議会での発言
のご案内
後援会からのお願い
こちらから閲覧できます
 リンク集はこちらから
政策
斉藤守の県議会から船橋づくりを
  1 船橋の教育をまもる

●大きな社会問題となっている、いじめ≠フ根絶を目指します。
●国を愛する心を育むため、正しい日本近現代史を学べる教育環境の構築に努めます。
●人間性、社会性を高めるため、小・中・高等学校での道徳教育の充実に努めます。
●次代を担う子ども達のために、学校と家庭の連携強化等、教育環境の充実に力を注ぎます。
  2 船橋の福祉をまもる

●児童相談所を早急に県から船橋市に移管し、きめ細やかな対応による子ども達への身体的、性的、心理的虐待を未然に防ぐシステムの構築に努めます。
●近年、高齢者や障がい者を預かる施設で多発している事件や事故の発生を防ぐため、民間の力も借りる等システムの充実に努めます。
●介護人材不足解消のため、現在政府が取り組んでいる外国人労働者の受け入れ拡大と並行し、千葉県独自のシステムを作ります。
●高齢化に伴う医師や医療施設の不足を補うため、自宅で医療や介護が受けられる、地域包括支援の充実に尽力します。
  3 発展し続ける船橋をまもる

●北千葉道路の早期完成に力を注ぎ、成田市と東京都の中間に位置する船橋北部地域の発展を目指します。
●慢性的な道路渋滞の解消・緩和を目指します。
 @国道296号線の右折レーン早期設置と、新京成線踏
  切の除去および歩道の整備。
 A県道59号市川印西線と県道288号夏見小室線の、早急な歩道整備と 交差点改良・右折レーン設置事業の推進。
●高額運賃の東葉高速鉄道・北総鉄道については、千葉県知事を筆頭に国へ支援を要請し、早期解決に努めます。
●海老川上流地区で進行中の『船橋メディカルタウン構想』と『土地区画整理事業』については、船橋が目指す理想的なまち≠創るため、県が行っている『海老川調節池公園計画』との整合を図る等、県と市が緊密に連携して推し進めるよう先導します。
●太陽光や水素等、クリーンエネルギーの比率を高め、環境に優しい循環型社会の構築を目指します。
  4 船橋の海をまもる

●大地震による津波や高潮から市民の生命と財産を守るため(市役所・中央消防署は海抜ゼロメートル地帯)、海老川の水門や排水機場の大規模更新工事と護岸の耐震化を実現させます。
●「海苔」「アサリ」「スズキ」等、伝統ある漁業の灯を絶やさぬよう、後継者の育成や安心して働き続けられるシステムの構築に今後も力を注ぎます。
●船橋の新たな水産資源「三番瀬産ホンビノス貝」の周知や販路拡大に力を注ぎます。
  5 船橋の農業をまもる

●大きなポテンシャルを有する船橋の都市農業。そのさらなる発展のために、後継者の育成や継続可能なシステムの早期構築を推し進めます。
●「梨」「小松菜」「人参」等、船橋ブランド≠冠した農作物の周知や、販路拡大に力を注ぎます。
●船橋で作った農産物を船橋で消費する地産地消≠応援します。
●農業従事者の高齢化や、担い手不足等による耕作放棄地を解消するため、モデル事業等の推進をサポートします。
  6 船橋市民の暮らしと生命をまもる

●事故や事件を未然に防ぎ、万が一の時には地域の人々が助け合う理想的なまち≠フ創造に尽力します。
●特殊詐欺の撲滅、コンビニ防犯ボックスの設置、警察官の増員等、身近な問題の解決に力を注ぎます。
●子どもを安心・安全に産み育てるために、乳幼児の保育・教育環境と産科・小児医療の充実に力を注ぎます。
●保護者、地域、行政が一体となって子育てができる、子ども達に優しいまちづくりに取り組みます。
●望まない妊娠をした女性のために、現在千葉県が取り組んでいる「妊娠SOS相談事業」を後押しし、命を大切にする社会づくりをします。
●様々な事情で親が育てられない赤ちゃんを預かる「こうのとりのゆりかご」を、関東地区に設置し、命を守る仕組みづくりをします。
  7 船橋の政治をまもる

●船橋が市民のために@ァ案し実行しようとする政策の多くは、船橋だけでは完結できず、県と国の力添えがあってこそ達成できます。必要なのは、与党である自由民主党に所属する国会議員の協力です。そのために私は、現衆議院議員・木村哲也氏と白須賀貴樹氏を全面的に応援します。
  8 日本をまもる

●露骨な覇権主義を振りかざす、中国共産党の一党独裁国家である中国や、保有する核兵器やミサイルをちらつかせ、恫喝外交を進めようとする北朝鮮の存在等、現在日本を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しています。我が国をチベットや新疆ウイグル自治区のようにさせないために、日本に対して戦争を仕掛けようと思わせない≠謔、、国の体制を整える努力をします。
●憲法は、成立以来70年以上改正されておらず、現実政治と齟齬(そご)をきたしている条項が多々あります。憲法改正に関しては、多くの野党が異論を唱えていますが、これは国民投票で決定するものであり国会は発議をするだけです。我々は、国民的合意形成のための活動を今後も押し進めます。(船橋市憲法改正推進市民の会)



※クリックすると拡大写真がご覧いただけます。


少年サッカー大会開会式

衆議院選で木村氏を全力でサポート

松戸市長誕生のための応援



健康福祉常任委員長として、
熊本県の慈恵病院(こうのとりのゆりかご運営)を視察


 Copyright © Saitou Mamoru Office All Right Reserved.